政府、アビガンを約30カ国に無償供与=新型コロナ

政治・外交

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、新型コロナウイルスの治療薬として期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」に関し、現時点で約30カ国から外交ルートを通じて提供の要請が来ていると明らかにし、「希望する国に所要の量を無償で供与すべく調整を行っている」と述べた。

アビガンは富士フイルムのグループ会社が開発した治療薬で、これまでにドイツ政府の大量購入の方針が報じられている。菅氏は「各国の要請を踏まえ、今後、希望する国々と協議しながらアビガンの臨床研究を拡大する考えだ」とも語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 援助 ドイツ 日本