ANA、1.3兆円の融資枠要請=コロナ長期化備え―政投銀などに

経済・ビジネス

ANAホールディングス(HD)が、日本政策投資銀行や民間金融機関に対し、総額約1.3兆円に上る融資枠設定を要請したことが3日、分かった。新型コロナウイルスの影響から航空需要が激減し、旅客収入の大幅な落ち込みを余儀なくされている。影響長期化に備えて、いつでも融資を受けられる態勢を確保し、資金繰りに万全を期す。

政投銀に1兆円、大手銀行などに計3000億円規模の融資枠を求める。今後、具体的な協議に入る見通しだ。世界的なコロナ感染拡大を受け、国内外で入国制限措置などが強化されている影響から、ANAHD傘下の全日本空輸は4月の国際線について9割近くの減便を迫られた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財務 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本