キヤノン本社、7日から休業=新型コロナ感染防止、川崎市の事業所も

経済・ビジネス

キヤノンは6日、東京都大田区の本社と川崎市にある4カ所の事業所を7日から17日まで一斉休業にすると発表した。首都圏での新型コロナウイルスの感染拡大を受けた措置。

本社には約6000人が勤務している。4事業所は研究開発を担う。原則すべての従業員が休業し、事業継続に必要な社員に限って在宅で勤務することで対応する。

日立製作所は6日、政府が緊急事態宣言を発令した場合、東京都内のオフィスなどで働く約5万人について、実施中の「原則在宅勤務」を徹底すると発表した。都以外の自治体から在宅勤務の要請があれば、それに従うという。

オリンパスは同日、都内のグループ従業員約8000人を対象に10日まで実施中の在宅勤務の期間を5月1日まで延長すると発表した。対象地域も都内に加え、北海道、大阪府、京都府のほか、埼玉、神奈川、千葉、愛知、奈良、福岡の6県にも広げる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本