軽症者のホテル移送開始=新型コロナ、100人対象―東京

社会 暮らし 経済・ビジネス

東京都は7日午後、新型コロナウイルスに感染し入院している患者のうち、無症状や軽症の人のホテル移送を開始した。移送先は中央区のビジネスホテル「東横イン東京駅新大橋前」で、空いた病床と医療資源を重症患者に振り向ける。対象は約100人となる見通し。

都によると、同ホテルで受け入れるのは発熱が37.5度未満、呼吸器症状が改善傾向にある患者で、同日は10人前後が入院先から移動する予定。ホテルの部屋数は208室で、都が建物ごと借り上げる。

患者は外出禁止で、食事は1階に用意し、取りに来てもらう。健康状態把握のため、看護師2人が常駐。日中は医師1人も配置し、症状が悪化した場合は病院へ搬送する。

ホテルの客室は7日午前に報道公開され、部屋にはベッドのほか、テレビや冷蔵庫などが備え付けられていた。廊下には「出歩かないようお願いします」と書かれた張り紙があった。

新型コロナウイルスの無症状者と軽症者を受け入れる東横イン東京駅新大橋前の客室=7日午前、東京都中央区新型コロナウイルスの無症状者と軽症者を受け入れる東横イン東京駅新大橋前の客室=7日午前、東京都中央区

東横イン東京駅新大橋前に到着した救急車両。新型コロナウイルスの患者を乗せているとみられる=7日午後、東京都中央区東横イン東京駅新大橋前に到着した救急車両。新型コロナウイルスの患者を乗せているとみられる=7日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 経営一般 日本 東京都