アイヌ文化施設、開業延期=コロナ対応、5月29日に―政府

社会 文化

政府は7日、北海道白老町のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」の開業時期について、当初予定していた4月24日から約1カ月延期し、5月29日を目指す方針を決めた。首都圏など一部地域で新型コロナウイルスの感染が急増していることを受け、さらなる感染拡大を防ぐ必要があると判断した。4月18日に予定されていた記念式典も5月23日に再設定した。

赤羽一嘉国土交通相が7日の閣議後会見で発表した。赤羽氏は「(約1カ月後には)反転攻勢ののろしを上げられるよう、最大の準備を尽くしたい」と述べ、開業延期に理解を求めた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化 社会 日本 北海道