自宅療養でも入院給付金=大手生保、新型コロナで特例

経済・ビジネス

日本生命保険と明治安田生命保険は7日、新型コロナウイルスの感染者が自宅やホテルで療養する場合も、入院給付金の支払い対象にすると発表した。東京都が無症状や軽症の感染者を病院からホテルなどに移す方針を打ち出したことに対応した。第一生命保険と住友生命保険も同様の取り扱いとする方針で、大手生保はコロナ対応で足並みをそろえる。

自宅やホテルでの療養者が入院給付金を受け取るには、コロナ感染を証明する医師の書類が必要。病床不足で退院が早まった場合も、自宅などでの療養期間について給付金を受け取れる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 消費者対策 日本