米ウィーワーク、ソフトバンクG提訴=TOB中止は「契約違反」

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーの取締役らは7日、ソフトバンクグループを米デラウェア州の裁判所に提訴したと発表した。ウィーはソフトバンクGによるウィーへの最大30億ドル(約3300億円)のTOB(株式公開買い付け)取りやめが契約違反だと主張。TOBの遂行か、損害賠償の支払いを求めている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 米国