孫氏「15社は破産する」=10兆円ファンド出資先―ソフトバンクG

経済・ビジネス

【ニューヨーク時事】米経済誌フォーブスは7日までに、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長とのインタビュー記事を電子版に掲載した。孫氏は、SBGが運営する10兆円規模のファンドの出資先企業について「(全88社のうち)15社は破産するだろう」と述べる一方、ファンドの運営には問題がないと強調した。

SBG傘下の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」をめぐっては、出資先の米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズや、共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーなどの評価額が大幅に落ち込んでいる。先月27日には、SBGを筆頭株主とする英衛星通信企業ワンウェブが米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)を申請した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本 米国