沖縄への来県自粛要請=「県民の命最優先」―玉城知事・新型コロナ

政治・外交 暮らし

沖縄県の玉城デニー知事は8日、県庁で記者会見し、政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を発令したことを受け、対象地域に指定された東京など7都府県を含めた県外からの来県自粛を呼び掛けた。玉城知事は「観光をリーディング産業とする沖縄県において自粛要請が及ぼす影響は決して小さくない。県民の命と健康を守ることが最優先との思いで、趣旨を理解してほしい」と述べた。

県外からの来県自粛を求めるのは、緊急事態宣言の対象期間が終わる5月6日まで。観光業を基幹産業とする沖縄県だが、海外からの航空便やクルーズ船の寄港停止に伴い観光客は激減している。玉城知事は「このまま落ち込みが続けば、経済的危機が生じる」と強調。国の緊急経済対策に加え、県独自の支援策も実施する考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 沖縄