住商、純利益1000億円下振れ=原油急落が影響―20年3月期予想

経済・ビジネス

住友商事は8日、2020年3月期の連結業績予想を下方修正し、純利益が従来の3000億円から1000億円程度下振れする可能性が出てきたと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた世界的な経済活動の低迷で原油価格が急落し、米国の鋼管事業で減損損失や在庫評価損が発生する恐れが強まったため。

米国では、原油掘削施設に使われる鋼管を製造・販売している。約1000億円の下振れのうち、半分以上をこの事業の損失が占めるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 石油 日本