新型コロナ「深刻な影響」=経済先行き警戒―日銀総裁

経済・ビジネス 政治・外交

日銀は9日、東京・日本橋の本店で支店長会議を開いた。黒田東彦総裁は冒頭のあいさつで、新型コロナウイルスの感染拡大について「わが国の経済にも深刻な影響を及ぼしている」と指摘。先行きに関しても「不確実性が極めて高い」と強い警戒感を示した。

黒田氏は、世界的に混乱した金融市場をめぐり、「緊張が幾分緩和しつつあるが、引き続き神経質な状況にある」と分析。「企業の資金繰りは悪化している」と懸念を示し、日銀として「企業金融の円滑確保に貢献していく」と力を込めた。さらに「必要があればちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」と改めて強調した。

支店長会議は年4回の開催。ウイルスの感染拡大を防ぐため、初めてテレビ会議方式を導入した。会議では、各支店長の報告に基づき地域経済の現状を点検。午後には全国9地域の景気動向を分析した「地域経済報告(さくらリポート)」を公表する。

初めてテレビ会議方式で行われた支店長会議=9日午前、日銀本店(代表撮影)初めてテレビ会議方式で行われた支店長会議=9日午前、日銀本店(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 景気動向・マクロ経済 金融政策 日本