原発の処理水放出「福島以外で」=福島市長

社会 政治・外交

福島市の木幡浩市長は9日の記者会見で、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含んだ処理水の処分方法について、「福島と名前の付かないところで海洋放出してほしい」と述べた。

木幡氏は「福島県沖で(放出)すれば、どんなに補償があっても風評被害を受けるのは間違いない」と指摘。「巨大なタンカーで持っていき、できるだけ影響の少ないところですべきだ」と語った。遠くまで運べなければ「福島第1原発の発電で恩恵を受けたところで放棄するのが筋」との見解を述べ、首都圏での放出を暗に示した。

記者会見する福島市の木幡浩市長=9日午前、同市役所記者会見する福島市の木幡浩市長=9日午前、同市役所

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安全・危機管理 社会 行政一般(政治欄向け) 環境・生物・自然 日本 東北 福島県 福島市