消毒液、20倍以上に増産=国内の4工場活用―花王

経済・ビジネス

花王は9日、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急増している消毒液の生産を今月後半から通常の20倍以上に増やすと発表した。製造可能な国内の4工場を活用する。供給量を大幅に増やすことで、政府を通じ優先供給している医療機関や介護施設に加え、一般家庭の需要にも応える。

同社は1月下旬から消毒液や専用の容器を増産。生産量を3倍に増やしたが、供給不足は解消されていない。

このため、従来の委託生産分に加え、主力の和歌山工場(和歌山市)など自社の4工場でも生産を始める。一般家庭向けには、既存製品などのボトルに移し替えて使える詰め替え品の生産にも着手した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 日本 和歌山県 和歌山市