セブンとローソン、21年2月期の業績予想見送り=コロナ影響の算出困難

経済・ビジネス

流通大手のセブン&アイ・ホールディングスとローソンは9日、2021年2月期(今期)の連結業績予想の公表を見送った。新型コロナウイルスの感染拡大による業績への影響の算出が難しいためだ。政府の緊急事態宣言などに伴い、経済活動は停滞。事業の先行きは一層不透明となっている。

セブン&アイの井阪隆一社長は電話会見で、今期の業績予想について「不確定要素が多い。影響を金額で示すのは非常に難しい」と説明。中期経営計画の発表も見送った。ローソンの竹増貞信社長も「コロナを克服した後、需要や消費が本当に戻るのか見通せない」と語った。

セブン&アイは新型コロナ拡大で、傘下の百貨店そごう・西武が臨時休業に追い込まれているほか、主力のコンビニエンスストア「セブン―イレブン」の3月の既存店売上高は前年同期比3.2%減と低迷。ローソンも「5%程度のマイナス」(竹増社長)という。

20年2月期連結決算は、消費税増税と百貨店の不振が響き、セブン&アイの営業収益が前期比2.2%減の6兆6443億円。ただ、国内外とも堅調だったコンビニ事業がこれをカバーし、営業利益は3.1%増の4242億円と9期連続で最高となった。

一方、ローソンは独自のデザート商品のヒットなどにより、営業収益が4.2%増の7302億円。しかし、低採算店のリストラ費用などが膨らみ、純利益は2割の減益だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本