力士1人がコロナ初感染=延期の夏場所、開催に影響も―相撲協会

スポーツ

日本相撲協会は10日、幕下以下の力士1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。親方、力士らの相撲協会員の感染が確認されたのは初めて。2週間の延期となった大相撲夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)の開催の判断にも、影響を及ぼしそうだ。

相撲協会によると、当該力士は発熱などの症状が見られ、8日に東京都内の医療機関で受けた簡易検査では陰性だったが、その後のPCR検査の結果、陽性が判明した。所属部屋では、他にコロナ感染症が疑われる協会員はいないという。当該力士は入院しており、名前、所属部屋は非公表。

初めて感染者が出たことを受け、相撲協会は10日に各部屋に対して新型コロナに関するアンケート調査を行い、1日2回、朝と夜の検温の実施状況やマスクの備蓄量などを確認。相撲協会によると、体の不調を訴えている協会員がいるとの回答はなかった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 相撲 スポーツ 日本