成田の滑走路、12日から1本に=羽田第2の国際線施設は閉鎖

経済・ビジネス

成田国際空港会社は10日、B滑走路(2500メートル)を12日から一時閉鎖すると発表した。A滑走路(4000メートル)1本のみの運用となる。新型コロナウイルスの感染拡大で、国際線を中心に利用が落ち込んでいるため。感染症による滑走路閉鎖は1978年の開港以来初めてという。

同社は利用減のほか、政府による緊急事態宣言発令を踏まえ、空港内の感染防止の目的で人員体制を縮小。安全性維持には滑走路の運用を1本に絞ることが不可欠と判断した。

一方、羽田空港第2ターミナルの国際線施設は11日から当面閉鎖。コロナ拡大の影響で旅客便が大幅に減っているためで、第2を出発・到着する国際線は第3ターミナルに集約される。同施設は3月29日に開業したばかりだった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 日本