3月のビール販売、4社とも減=コロナ影響、飲食店向け苦戦

経済・ビジネス

ビール大手4社は10日、3月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第三のビール)の販売実績を発表した。4社とも前年同月と比べマイナス。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う宴会や外出の自粛が響き、飲食店向けなど業務用の販売が落ち込んだ。

販売数量で、キリンビールが5%減、サントリービールが25%減、サッポロビールは11%減。アサヒビールは販売数量を公表しておらず、金額ベースで19%減だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本