仙台七夕まつり中止=新型コロナ影響で、戦後初

社会

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、毎年8月に開催されている「仙台七夕まつり」が今年は中止となることが決定した。仙台商工会議所などでつくる仙台七夕まつり協賛会が10日、記者会見を開き発表した。中止は1946年に現在の形で開催されるようになって以降初めて。

協賛会によると、来場者数は例年約250万人。今年も8月6~8日の開催を予定していた。七夕まつりの前日に、前夜祭として毎年実施していた仙台七夕花火祭も中止する。

仙台商工会議所会頭の鎌田宏会長(78)は「東日本大震災が発生した2011年も絶やさなかったので、今年も何とか続けたかった。大変残念だがやむを得ない」と話した。

仙台七夕まつりは東北を代表する祭りの一つ。青森ねぶた祭も今夏の開催中止が決まっている。

毎年8月に開催している仙台七夕まつりの中止を発表する協賛会の鎌田宏会長(左)と郡和子仙台市長=10日午後、仙台市青葉区毎年8月に開催している仙台七夕まつりの中止を発表する協賛会の鎌田宏会長(左)と郡和子仙台市長=10日午後、仙台市青葉区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本