車業界でファンド創設検討=経営悪化の企業支援―自工会など・新型コロナ

経済・ビジネス

日本自動車工業会(自工会)など自動車生産関連の4団体は10日、インターネットを通じ記者会見を開いた。新型コロナウイルスの感染拡大で業界が打撃を受ける中、自工会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、経営が悪化している企業を支えるため、ファンドの創設を検討していることを明らかにした。

豊田氏は「元気なグループが弱っているグループを助ける、自動車業界の中で完結する互助会のような仕組みだ」と説明。ファンドの詳細は未定だが、相当規模の金額を想定しているという。「会社単位ではなく、業界単位で流出しては困る技術や人材を維持し、中小零細企業を含めてものづくりを守る」と強調した。

このほか、自工会会員各社の社員寮などで空いている約3000室を軽症患者向けの療養施設として提供する考えも示した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インターネットを通じて記者会見する日本自動車工業会の豊田章男会長ら自動車業界4団体のトップ=10日(自工会提供)新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インターネットを通じて記者会見する日本自動車工業会の豊田章男会長ら自動車業界4団体のトップ=10日(自工会提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 資金運用・調達・新規上場 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本