国内感染者7000人超=東京166人―新型コロナ

社会 暮らし 政治・外交

新型コロナウイルスの感染者は12日、全国で新たに490人以上増え、国内感染者の累計は7000人を超えた。東京都で2人、北海道と千葉県、神奈川県、愛知県で各1人の死亡が確認され、クルーズ船乗船者を含む死者は149人となった。

東京都によると、都内では166人が新たに陽性となり、累計感染者は2068人となった。うち87人は中野江古田病院(中野区)の患者や医師、看護師らだった。同病院では4日に入院患者5人の感染が確認されており、外来や新たな入院患者の受け入れを既に中止している。都は院内感染の可能性が高いとみている。

新宿区によると、同区の学童保育「放課後子どもひろばプラス」で支援員を務める男性の感染が11日に判明。濃厚接触した児童22人らの検査を進める。

富山市では、感染症指定医療機関の富山市民病院で入院患者7人、看護師3人などが新たに陽性となり、同病院関係者の感染は計16人となった。

福井市でも指定医療機関の福井県立病院に勤務する看護師1人が感染。神戸市では11日の陽性確認者のうち1人が、神戸赤十字病院の感染患者が入院する病棟に勤務する看護師と判明した。

閑散とする渋谷センター街。東京都内では166人が新たに陽性となり、累計感染者は2000人を超えた=12日午後、渋谷区閑散とする渋谷センター街。東京都内では166人が新たに陽性となり、累計感染者は2000人を超えた=12日午後、渋谷区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本