春の園遊会取りやめ=コロナ感染拡大で―宮内庁

社会

宮内庁は13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、5月27日に予定していた天皇、皇后両陛下主催の春の園遊会を取りやめると発表した。同庁によると、東日本大震災などの自然災害や皇族の逝去などを含め、実施されないのは今回が平成以降で10回目という。

園遊会は毎年春と秋に各界功績者ら約2000人を招待し、東京・元赤坂の赤坂御苑で開催。昨年は皇位継承に伴う儀式などで春秋ともに日程が確保できず、5月が令和初の園遊会となる予定だった。

宮内庁の池田憲治次長は定例記者会見で、多数の招待者が飲食を伴って近距離で歓談する状況や、政府の緊急事態宣言が出されたことなどを挙げ、「挙行するのは適切でないと判断した」と説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 皇室・王室 社会 日本