新型コロナ感染防止策強化へアプリ導入検討=自衛隊員の濃厚接触追跡―河野防衛相

政治・外交

河野太郎防衛相は13日、インターネットを通じて行った内外情勢調査会の講演で、防衛省・自衛隊内での新型コロナウイルス感染防止対策として、感染者との濃厚接触の有無を追跡できるスマホアプリの導入を検討していることを明らかにした。

集団生活する自衛隊はクラスター(感染者集団)が発生しやすく、河野氏は「いかに早く(濃厚接触者を)見つけるかが大事だ」と強調、導入を急ぐ考えを示した。

アプリは、スマホのブルートゥース(無線通信)機能により、利用者の移動の履歴をチェック。感染者が判明した場合、一定距離で一定の時間をともにした人に通知が届く仕組み。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ネット中継となった内外情勢調査会で講演する河野太郎防衛相=13日午後、東京都千代田区新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ネット中継となった内外情勢調査会で講演する河野太郎防衛相=13日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本