ヤフー、厚労省に情報提供=クラスター発生地―位置や購買履歴分析

経済・ビジネス

ヤフーは13日、アプリ利用者の位置情報や検索・購買履歴のデータを組み合わせて分析し、「新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)発生が疑われる地域」の情報を、厚生労働省に提供すると発表した。提供に同意した利用者のデータだけを活用。同省と協定を結び、個人が特定されないように加工した上で渡す。同省はこれを受け、医師の最適な配置を考え、健康相談体制の充実などにつなげる構え。

ヤフーは同日、「Yahoo!JAPAN」アプリなどで位置情報を活用することを容認している利用者を対象に、今回の取り組みへの協力を求め始めた。これに同意した利用者が一定数に達した段階で位置情報などのデータを分析する。厚労省には分析後のデータだけを渡すため、個人の特定は不可能だという。

新型コロナウイルスのクラスター発生が疑われる地域のイメージ図。ヤフーが分析したデータを基に作製され、赤い円が大きい場所ほど発生の可能性が高い(同社提供)新型コロナウイルスのクラスター発生が疑われる地域のイメージ図。ヤフーが分析したデータを基に作製され、赤い円が大きい場所ほど発生の可能性が高い(同社提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本