衆院静岡4区補選が告示=与野党激突、コロナ対応も焦点

政治・外交

衆院静岡4区補欠選挙が14日、告示された。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、東京などで緊急事態宣言が発令される中、安倍政権の危機管理対応も争点となる。国政選挙は今年初。与野党候補による事実上の一騎打ちの構図で、結果は安倍晋三首相の求心力に影響しそうだ。26日に投開票される。

補選は、自民党の望月義夫元環境相の死去に伴う。無所属で元会社役員の山口賢三(72)、無所属で元東京都議の田中健(42)、自民党公認で元静岡県議の深沢陽一(43)の3氏が立候補を届け出た。

公明党は深沢氏を推薦。立憲民主、国民民主、共産、社民各党は候補者を一本化し、田中氏を推薦した。NHKから国民を守る党も、野党統一候補と同姓同名で元東京都江戸川区議の田中健氏(54)を擁立する。4氏はいずれも新人。

主要野党が候補者を一本化したことで、補選は次期衆院選を占う試金石となる。ただ、新型コロナの影響で屋内での集会や握手は自粛せざるを得ず、各陣営は異例の選挙戦を強いられることになる。

自民党の下村博文選対委員長は14日、党本部で記者会見し「国民の平常な生活を取り戻すように声を受け止める」と強調。立憲の安住淳国対委員長は国会内で記者団に「感染症対応での政府に対する不満の受け皿になりたい」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 選挙 日本 東京都 東海 静岡県