帰省自粛の学生に市産米=新潟県燕市、「応援したい」と無料提供―新型コロナ

社会

新潟県燕市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令後、対象地域からの帰省を自粛している同市出身の学生を応援するため、市産米や布マスクを無料で送る取り組みを開始した。10日からホームページで希望者の募集を始めたところ、13日午前11時までに171人から申し込みがあった。

市は8日、市内での感染拡大防止のため、宣言が発令された地域との往来自粛を市民らに要請するメッセージを公開した。これを見た市内の事業者から「首都圏などで1人暮らしの学生が帰省できず心細いだろうから応援したい」との申し出があり、コメなどを送付することが決まった。

送るのはコメ5キロ、布マスク1枚、みそ、漬物、キュウリの5点。マスクは市が事業者から購入するが、それ以外は市内の食品メーカーや農家など事業者が自ら用意する。「おいしいご飯を食べて少しでも元気を出してほしい」などと記した市長のメッセージも添付する。

市の担当者は「市としては帰省自粛のメッセージを出さざるを得ない。(事業者からの提案は)非常に喜ばしい」と話している。

緊急事態宣言の発令後、帰省を自粛している新潟県燕市出身の学生に送られるコメなど=13日、燕市(同市提供)緊急事態宣言の発令後、帰省を自粛している新潟県燕市出身の学生に送られるコメなど=13日、燕市(同市提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 新潟県 甲信越