新型コロナ収束へ連携=日中韓ASEAN首脳がTV会議

政治・外交

日中韓3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳は14日、テレビ会議を開き、世界中に感染が広がる新型コロナウイルスへの対応を協議した。各国首脳は事態の収束に向け、緊密に連携していくことを確認。治療薬の早期開発を目指す方針で一致し、具体的な協力をうたった共同声明を採択した。安倍晋三首相は「ASEAN感染症対策センター」の設立構想を表明した。

日中韓・ASEAN首脳のテレビ会議は初めて。首相は「国境を越えて拡散するウイルスに対峙(たいじ)するには国際協力が不可欠だ」と指摘。「自由、透明、迅速な形で情報や知見を共有すべきだ」と呼び掛けた。

また、新型コロナの治療薬について「世界の英知を結集し、開発を一気に加速させる」と強調。効果に期待が集まる富士フイルム富山化学製の「アビガン」に複数の首脳が関心を示したのに対し、「臨床研究を拡大していく」と説明した。

首相はセンター設立に関し、ASEANの感染症対応力強化を支援していくと伝達。ASEAN地域からの輸入に依存する防護服など医療物資について「危機にある今こそ連帯し、流通を維持すべきだ」と訴えた。

日中韓3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳のテレビ会議に臨む安倍晋三首相=14日午後、首相官邸(内閣広報室提供)日中韓3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳のテレビ会議に臨む安倍晋三首相=14日午後、首相官邸(内閣広報室提供)

日中韓3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳のテレビ会議に臨む安倍晋三首相=14日午後、首相官邸(内閣広報室提供)日中韓3カ国と東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳のテレビ会議に臨む安倍晋三首相=14日午後、首相官邸(内閣広報室提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国際会議 ASEAN 中国 日本 韓国