国民1人10万円給付を=新型コロナの追加対策―自民幹事長

政治・外交

自民党の二階俊博幹事長は14日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた追加の経済対策として、所得制限を設けた上で国民1人当たり10万円の現金給付を行うよう、政府に求める考えを明らかにした。党本部で記者団に語った。

二階氏は「現金給付を求める切実な声がある。国民に安心してもらうため、直ちに検討に入るべきで、早ければ早い方がいい」と強調した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本