がん5年生存率64.1%=肺は男性、ぼうこうは女性低く―国立センター

社会 暮らし

国立がん研究センターは15日付で、2009~11年に診断された各地のがん患者約59万2000人の5年生存率が64.1%だったと発表した。06~08年に診断された患者に比べ2ポイント改善した。同じ部位のがんでも、性別によって生存率に差があることも分かった。

生存率はがん以外の死因の影響を除いて算出。男性は61.9%、女性は66.8%だった。肺がんの場合、男性が29.3%と、女性の46.6%を大幅に下回った。松田智大・全国がん登録室長は「男性の喫煙率の高さが影響しているとみられ、喫煙の影響を受けやすい扁平(へんぺい)上皮がんが多かった」と分析した。

一方、ぼうこうがんでは男性76.4%に対し、女性は62.9%。松田室長は「女性は進行してから発見される割合が大きい。(がんが原因の可能性がある)血尿があっても、月経の影響と考え受診していない可能性が考えられる」とした。

転移のない「限局」の状態で見つかる割合は44.1%(06~08年に比べ4.1ポイント増)だった。限局での生存率は92.4%(2ポイント増)。がんのできた臓器につながるリンパ節や、隣の臓器に広がった「領域浸潤」での生存率は58.1%(3ポイント増)、離れた臓器への転移などがある「遠隔転移」では15.7%(2.1ポイント増)と、いずれも改善した。早期発見や治療法改善の効果とみられるという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本