和牛受精卵保護2法、成立=罰金最大1000万円

政治・外交

国内外で人気が高い和牛の受精卵や精液(遺伝資源)の保護を強化する関連2法が17日の参院本会議で全会一致で可決、成立した。このうち家畜遺伝資源不正競争防止法は、改良を重ねた遺伝資源を知的財産とみなし、海外に不正に持ち出した場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金を科す。

同法は、遺伝資源を譲り受けた業者らが契約に反する転売などに及んだ場合、知的財産権の保有者が裁判所に差し止めを請求できるようにする。

もう一方の改正家畜改良増殖法は遺伝資源の流通管理を徹底するため、和牛の人工授精に取り組んでいる関係者らに対し、遺伝資源の譲渡履歴の記録を義務化する。いずれも今秋にも施行される。

大量の受精卵や精液が中国に持ち出されそうになった事件が2018年に発覚。農林水産省は、対策を求める畜産農家の声を踏まえ、規制強化に踏み切った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 国会 法案 日本