大型連休、帰省や旅行自粛を=全国知事会、休業協力金に交付金活用も提言

政治・外交

新型コロナウイルスの感染爆発を食い止めるために政府が緊急事態宣言の対象を全国に拡大したのを受け、全国知事会は17日、緊急対策本部をテレビ会議で開いた。国への提言では、大型連休中の人の往来による感染拡大を防ぐため、帰省や旅行をしないよう注意喚起の徹底を要請。休業要請などに伴う協力金に国の臨時交付金を活用できるようにすることも改めて求める。

会議の冒頭、飯泉嘉門会長(徳島県知事)は「全知事が一致結束してこの難局を乗り越えていく大変重要な局面を迎えている」と強調した。

全国知事会の緊急対策本部会議で発言する徳島県知事の飯泉嘉門会長(中央)=17日午前、徳島県庁全国知事会の緊急対策本部会議で発言する徳島県知事の飯泉嘉門会長(中央)=17日午前、徳島県庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本 四国 徳島県