マクドナルド、店内飲食中止=13都道府県の1900店―新型コロナ

経済・ビジネス

日本マクドナルドは19日、13都道府県の全店舗(計約1910店)で、店内での飲食を20日から5月6日まで終日中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためで、政府が緊急事態宣言で感染拡大防止策を重点的に進める「特定警戒都道府県」を対象とする。

持ち帰りやドライブスルー、宅配での販売は続ける。同社はこれまで8都府県で午後8時から翌朝5時まで店内飲食を取りやめたり、繁華街では一時休業したりしてきた。しかし、各地で感染拡大が深刻化しており、客や従業員の安全を確保するため対応を強化する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本