10万円給付で8.9兆円増=組み替え案を閣議決定―補正総額25兆6914億円

政治・外交

政府は20日午後、全国民への現金10万円の一律給付を盛り込むために組み替えた2020年度補正予算案を閣議決定した。補正の一般会計総額は7日に決めた同案から8兆8857億円増え、25兆6914億円。27日にも国会へ提出し、月内の成立を経て、5月中の現金給付開始を目指す。

国民1人当たり10万円を給付する費用として12兆8803億円を計上。組み替えにより増えた歳出の財源は全て赤字国債の追加発行で賄う。20年度補正の赤字国債発行額は23兆3624億円で、補正として過去最大の発行額となる。

麻生太郎財務相は閣議決定後に記者会見し、10万円の給付について「なるべく早く国民の手元に届くよう全力を尽くす」と強調。菅義偉官房長官は「感染拡大を防ぎ、経済を回復させることを最優先にして取り組む」と語った。

新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急経済対策も改めて閣議決定した。事業規模の総額は前回の108.2兆円から117.1兆円に増え、このうち財政投融資や地方の支出を含めた財政支出の規模は48.4兆円となる。

補正予算案の閣議決定後に記者会見する麻生太郎財務相=20日午後、財務省補正予算案の閣議決定後に記者会見する麻生太郎財務相=20日午後、財務省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース マクロ経済政策 日本