祇園祭、山鉾巡行中止=日本三大祭り、コロナ影響―京都

社会 文化

日本三大祭りの一つで、毎年7月に行われる祇園祭のハイライトの山鉾(やまほこ)巡行について、祇園祭山鉾連合会と八坂神社は20日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止すると発表した。

巡行では7月17日の前祭(さきまつり)と同24日の後祭(あとまつり)に豪華絢爛(けんらん)な山鉾が京都市内を巡り、沿道には毎年多くの観客が詰め掛ける。

同連合会の木村幾次郎理事長は「断腸の思い。今こそ疫病退散を願い、祭りを盛大に行うべきだが、新型コロナウイルス拡散防止のためには、大勢の皆さまにご来場いただくことは絶対に避けなければならない」と語った。

祇園祭は平安時代に流行した疫病を鎮めるため、鉾を立てて災厄が治まるよう祈ったのが起源とされる。巡行中止は阪急電鉄の地下工事で見送りとなった1962年以来58年ぶり。明治時代にはコレラの流行で延期されたこともある。

京都の夏の風物詩、祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行=2019年7月17日、京都市下京区京都の夏の風物詩、祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行=2019年7月17日、京都市下京区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化 社会 社会一般 日本 京都府 京都市