うなぎ店で立てこもり、男逮捕=人質の2女児無事、トラブルか―福岡

社会

21日午前8時半ごろ、福岡市南区大橋のうなぎ店「うなぎの黒田屋」で、「男が包丁を持って子ども2人を人質に取り、立てこもっている」と店主(36)から110番があった。男は店主の長女(6)と次女(3)を人質に取ったが、同日午後、福岡県警捜査員の説得に応じ店から出てきたため、県警が身柄を確保し、逮捕監禁と住居侵入の疑いで現行犯逮捕した。女児2人は無事保護された。

男は元従業員で無職の渡辺祐樹容疑者(35)=同市南区三宅=。「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は21日午前8時半ごろ、うなぎ店に侵入し、午後2時半ごろまで、店内にあった包丁を指し示すなどして女児2人を監禁した疑い。

県警によると、渡辺容疑者は最近まで店に勤務していた。立てこもった際、「店主に話をさせろ」などと要求した。動機について「就業中の期間にうらみがあった」と供述している。

女児2人に目立ったけがはなく、解放された後、母親と対面し、互いに号泣していたという。

元従業員が子ども2人を人質にして立てこもったうなぎ店の周辺=21日午後2時28分、福岡市南区元従業員が子ども2人を人質にして立てこもったうなぎ店の周辺=21日午後2時28分、福岡市南区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 九州 福岡県 福岡市