沖縄県、普天間に立ち入り調査=有毒剤漏れ、サンプル採取

政治・外交

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)で有毒物質「PFOS」を含む泡消火剤が格納庫から漏れ、施設区域外に流出した事故で、県と宜野湾市などは21日、日米地位協定の環境補足協定に基づき基地内への立ち入り調査を行った。PFOSの濃度を調べるため、消火剤が流出した排水路から水をサンプル採取した。

調査は県庁の担当幹部と松川正則宜野湾市長のほか、防衛、外務、環境3省の職員ら計10人で実施。県は土壌の採取も求めていたが、今回は行われず、引き続き調整することになった。松川市長は調査後、記者団に「今後も立ち入り調査ができるようにしたい」と述べた。

普天間飛行場の立ち入り調査後、記者団の取材に応じる松川正則宜野湾市長(右)=21日午後、沖縄県宜野湾市普天間飛行場の立ち入り調査後、記者団の取材に応じる松川正則宜野湾市長(右)=21日午後、沖縄県宜野湾市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 行政一般(政治欄向け) 日本 沖縄