クルーズ船乗員33人、新型コロナ感染=修繕で停泊中―長崎

社会 暮らし

長崎県は22日、長崎市に停泊中のイタリア籍のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」(8万6000トン)の乗員33人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。

同船に乗客はいないが、日本人通訳1人を含む乗員623人が乗っている。20日に外国籍の船員1人の感染が確認され、市などは濃厚接触者53人と調理担当者4人を検査していた。感染が確認された人は船内の個室に隔離されている。

厚生労働省は船内でクラスター(感染者集団)が発生したと判断。県は自衛隊に災害派遣を要請した。防衛省によると、陸上自衛隊の医官ら約10人が、PCR検査のための検体採取に当たる。

菅義偉官房長官は記者会見で、感染者は重症者を除き船内に滞在させる考えを示した上で、「国際法上、一義的な義務を負っているわけではないが、旗国のイタリアを含む関係国と協力して適切に対応していく」と述べた。

同船は修繕作業のため1月下旬から3月下旬にかけ同市香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場に停泊。いったん海上に出た後、再び同工場に停泊していた。

県は3月中旬、新型ウイルス流行を受け船会社に乗員の下船自粛を要請。県と三菱重工は当初、同月14日以降の乗員の下船はなかったと説明したが、三菱重工の担当者は22日、「船会社に確認したところ、14日以降も乗下船者がいたようだ」と訂正した。

中村法道知事は、県の要請後も乗員が乗り下りしていたことについて「そういった実態は全く聞いていなかった。大変残念だ」と述べ、三菱重工や船会社の対応を批判した。

乗員33人が新たに新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)が発生したと判断されたクルーズ船「コスタ・アトランチカ」=22日午後、長崎市乗員33人が新たに新型コロナウイルスに感染し、クラスター(感染者集団)が発生したと判断されたクルーズ船「コスタ・アトランチカ」=22日午後、長崎市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 イタリア 日本 九州 長崎県 長崎市