五輪組織委で初の感染=30代男性職員、自宅療養―新型コロナ

スポーツ 経済・ビジネス

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、東京都中央区のオフィスに勤務する30代の男性職員1人が新型コロナウイルスに感染し、自宅療養していると発表した。組織委関係者で感染が確認されたのは初めて。職員は幹部ではないという。

組織委によると、男性職員は17日に体調に異変を感じて20日に検査を受け、21日夕にウイルスの陽性反応が確認された。組織委は「晴海トリトンスクエア」で男性職員が執務していたフロアを閉鎖して消毒。16日までに接触があった職員は22日から自宅待機とした。

組織委の職員は政府の緊急事態宣言発令を受け、在宅勤務が原則でオフィスに出勤する職員は全体(約3800人)の1割程度になっている。組織委の広報担当者は大会準備に向けては「影響のないように行っていく」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 東京都