女優の岡江久美子さん死去、63歳=新型コロナ肺炎で

社会 文化

「天までとどけ」の母役などホームドラマを中心に活躍した女優の岡江久美子(おかえ・くみこ、本名大和田久美子=おおわだ・くみこ)さんが23日午前5時20分、新型コロナウイルス肺炎のため東京都内の病院で死去した。63歳だった。東京都出身。葬儀の日取りは未定。後日「お別れの会」を開く予定。

所属事務所によると、岡江さんは3日に発熱し、様子を見るように言われていたが、6日朝に急変して緊急入院した。すぐに人工呼吸器を装着し、その後PCR検査で陽性と判明したという。昨年末に初期の乳がんで手術し、今年1月末から2月半ばまで放射線治療を受けて免疫力が低下していたのが重症化した原因と思われるという。

岡江さんの入院後、夫の俳優、大和田獏さん(69)と長女の女優、大和田美帆さん(36)は外出を自粛しているが、現在症状は出ていないという。

岡江さんは1975年デビュー。ドラマ出演の他、NHK「連想ゲーム」などバラエティー番組でタレントとしても活動した。96年から2014年までTBS系の朝の生活情報番組「はなまるマーケット」の司会を薬丸裕英さんと共に務め、優しい笑顔で親しまれた。

岡江久美子さん岡江久美子さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 訃報 日本