キヤノン純利益3割減=新型コロナで複合機低迷

経済・ビジネス

キヤノンが23日発表した2020年1~3月期の連結決算は、売上高が前年同期比9.5%減の7823億円、純利益が30%減の219億円となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、複合機などの販売が低迷。1600億円の純利益を見込んでいた20年12月期の通期業績予想は、コロナの収束時期が見通せず合理的な算定が困難だとして、未定とした。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本