ヤマハ発、全国で臨時休業=需要落ち込み―来月中旬

経済・ビジネス

ヤマハ発動機は24日、全国の工場や事業所など計46カ所を、5月18~22日に臨時休業すると発表した。国内拠点のほぼ全てに当たり、対象となるヤマハ発本体の正規社員は約9200人。新型コロナウイルスの感染拡大で、需要が落ち込んでいることを受けた措置だ。

産業用ロボット事業を手掛ける浜松市内の2拠点は休業の対象外とする。一方、静岡、熊本両県の船外機工場2カ所は6月1~15日も停止する予定。ヤマハ発は5月に二輪車関連の6工場を8日間、船外機の2工場を16日間それぞれ休止する計画を既に発表しているが、追加の生産調整を迫られた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経営一般 生産 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本