ネットワークに不正ログイン=16万件、会員情報閲覧か―任天堂

経済・ビジネス

任天堂は24日、家庭用ゲーム機のネットワークサービスの約16万アカウントに不正ログインがあった可能性があると発表した。生年月日、メールアドレスなどが閲覧されたり、ゲームソフトが不正購入されたりした恐れがある。

閲覧された可能性があるのは、ゲーム機「Wii U」や「ニンテンドー3DS」をオンラインで遊ぶためのIDの個人情報。任天堂によると、社内調査の結果、今月上旬ごろからIDとパスワードを使用した不正ログインを確認した。

さらにこのIDを経由し、「ニンテンドースイッチ」などで使用するアカウントも不正ログインされ、同社のオンラインショップで商品の不正購入が行われた恐れがあるという。

同社は不正ログインの可能性のある利用者にメールで連絡し、パスワードの再設定を求める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 消費者対策 日本