外食、持ち帰りに活路=自粛の全国拡大で―新型コロナ

経済・ビジネス

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外食業界で持ち帰りや宅配を強化する動きが広がっている。宴会や外出の自粛で客足が激減する一方、自宅で食事を取る人が増えているためだ。収束が見通せない中、新たな客層の開拓で活路を見いだそうとしている。

政府は16日に緊急事態宣言の対象を全国に拡大。東京都などは飲食店に午後8時以降の営業自粛を求めているが、宅配・持ち帰りは対象外で、深夜も販売できる。各社とも持ち帰りは好調で、カレーチェーンの壱番屋では、足元の既存店売上高が前年割れする一方で宅配・持ち帰りは約10%の伸びという。

すき家(東京)は「新しい食べ方を知ってもらいたい」(広報担当)との意向から、牛丼を使ったアレンジ料理をウェブ上で公開している。すかいらーくホールディングスは「ガスト」など自社で宅配・持ち帰りを行う約1000店に応援要員を出し、多くの注文に対応できる態勢を整えた。

個人店の参入も相次ぐ。千葉市のダイニングバー「マーブル」は15日から、空揚げ弁当などの持ち帰り・宅配を始めた。店主の男性(36)は「周辺の店を含め客が減っている」と話し、在宅勤務者などの利用に期待を寄せる。もっとも、「価格競争ではスーパーなどの総菜にかなわない」(中華料理店)との声も上がっており、飲食店の苦境は続きそうだ。

カレーチェーン店「CoCo壱番屋」で持ち帰り弁当を受け取る来店客=9日、名古屋市内カレーチェーン店「CoCo壱番屋」で持ち帰り弁当を受け取る来店客=9日、名古屋市内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本