夏の高校総体、初の中止=甲子園開催に影響―全国高体連

スポーツ

全国高等学校体育連盟(全国高体連)は26日、オンラインで臨時理事会を開き、新型コロナウイルスの感染リスクが大きく安全を確保できないことなどを理由に、8月に東北から九州までの21府県で分散開催予定だった全国高校総合体育大会(高校総体)の中止を決めた。1963年から毎年開かれてきた大会が中止になるのは初めて。関係者によると、全会一致で中止が決まった。

高校総体の中止決定は、同時期に甲子園球場で予定される全国高校野球選手権の開催について、日本高校野球連盟(高野連)などの判断に影響する可能性がある。日本中学校体育連盟(中体連)も、8月に予定している全国中学校体育大会(全中大会)の中止を今月末にも発表する見込み。

今年の高校総体は8月10~24日の日程で、計30競技に3万人以上の選手や関係者の参加を予定していた。新型コロナ感染拡大と政府による緊急事態宣言発令を受けて各地の部活動が停止。予選を兼ねる地方大会が次々と中止になって代表選考が困難になっている上、十分な練習時間が確保できない状況での大会開催は事故の発生が懸念された。学業に支障が生じることなどから、大会を夏休み後に延期することも困難だと判断された。

全国高校総合体育大会の総合開会式=2017年7月28日、山形県天童市全国高校総合体育大会の総合開会式=2017年7月28日、山形県天童市

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース スポーツ 日本