日銀、国債買い入れ上限撤廃=社債・CP購入は3倍―2会合連続で追加緩和

経済・ビジネス 政治・外交

日銀は27日、金融政策決定会合を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で厳しさを増す景気を下支えするため、金融緩和を決めた。年間80兆円をめどとしている国債購入の上限を撤廃し、「当面、さらに積極的な買い入れを行う」との方針を表明した。日銀は3月の前回会合でも緩和に踏み切っており、異例の2会合連続の追加緩和となる。

日銀は政策を総動員し、政府と一体で景気の落ち込みに歯止めをかけたい考えだ。企業が発行するコマーシャルペーパー(CP)や社債については、9月末まで計20兆円を上限に買い入れを強化する。これまでの上限(計7.4兆円)の約3倍となる。

企業の資金繰りを支援するため、無利子で銀行などに原資を貸し出す制度を拡充する。対象となる金融機関の拡大などが柱となる。また、中小企業の新たな資金繰り支援策も検討する。

四半期ごとの経済・物価情勢の展望(展望リポート)も示し、2022年度の生鮮食品を除く消費者物価指数(CPI)上昇率を前年度比0.4~1.0%と予想した。

国債については、政府の緊急経済対策に伴い発行が増加することを踏まえ、金利を低位安定させるため、「上限を設けず必要な金額の買い入れを行う」と表明。保有残高の年間増加額として示してきた「80兆円めど」との表現を削除した。CPなどの購入については、1社当たりの買い入れ上限を拡大するなど条件も緩和する。

金融政策決定会合のため日銀本店に入る黒田東彦総裁=27日午前、東京都中央区(代表撮影)金融政策決定会合のため日銀本店に入る黒田東彦総裁=27日午前、東京都中央区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 景気動向・マクロ経済 金融政策 日本