あらゆる政策を総動員=麻生財務相が財政演説

政治・外交

麻生太郎財務相は27日、全国民への現金10万円の一律給付を盛り込んだ2020年度補正予算案の国会提出を受け、衆参両院の本会議で財政演説を行った。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、補正予算案に反映させて事業規模総額が117.1兆円に達した緊急経済対策について、「財政・金融・税制といったあらゆる政策手段を総動員する」と訴えた。

麻生氏はコロナが国内外の経済に「甚大な影響をもたらしている」と指摘。その上で、経済の先行きについて「収束が見通せるまでは極めて厳しい状況が続く」と述べた。

補正予算案に反映した経済対策では、人工呼吸器の増産支援をはじめコロナ拡大に対応した医療体制の整備に取り組む。麻生氏は売り上げが急減した中小企業などへの現金給付にも触れ、「雇用と事業、生活を守り抜いていく」と強調。コロナ収束をにらみ、「落ち込んだ消費の喚起のため、大規模な支援策を講じる」との決意を示した。

衆院本会議で2020年度補正予算案の財政演説をする麻生太郎副総理兼財務相(手前)。後方は大島理森議長=27日午後、国会内衆院本会議で2020年度補正予算案の財政演説をする麻生太郎副総理兼財務相(手前)。後方は大島理森議長=27日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 日本