三越伊勢丹、110億円の赤字転落=コロナで売り上げ急減―20年3月期予想

経済・ビジネス

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は27日、2020年3月期連結業績予想を下方修正し、純損益が110億円の赤字(従来予想70億円の黒字)に転落する見通しになったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、1~3月期の売り上げが急減した。決算発表は当初の5月7日から11日に延期した。

世界的なコロナ拡大の影響で訪日外国人客が2月以降激減し、国内客にも外出自粛の動きが拡大。主力の百貨店事業が大きく落ち込んだ。売上高は1兆1190億円(同1兆1550億円)、本業のもうけを示す営業利益も155億円(同200億円)に下方修正した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本