罰則付き法改正も検討=休業要請応じなければ―西村経済再生相

政治・外交

西村康稔経済再生担当相は27日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、改正新型インフルエンザ対策特別措置法45条に基づく休業要請・指示に応じない店舗などが相次いだ場合、罰則を伴うより強い指示を可能とする法改正を検討する考えを示した。

西村氏は、店名を公表されながら営業を続けるパチンコ店について「逆に人が集まる状態と聞いている」と指摘。「従わない施設が多数発生する場合、罰則を伴う法整備を検討せざるを得なくなる」と語った。今国会で法改正を検討するかは「状況を見て適切に判断したい」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本