安倍首相、家賃支援「ちゅうちょなく」=雇用調整金、迅速給付を―衆院予算委

政治・外交

衆院予算委員会は28日午前、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、2020年度補正予算案に関する基本的質疑を行い、実質審議入りした。首相は新型コロナウイルス感染の長期化に伴い家賃の支払いが困難になった事業者の支援に関し、「この状況がさらに延びればさらなる対策も必要になる。その時にはちゅうちょなくやるべきことをやりたい」と述べ、政府として負担軽減に努める方針を示した。自民党の岸田文雄政調会長への答弁。

岸田氏は、政府系金融機関から中小企業への無利子融資について、家賃などの固定費部分を国が将来的に助成金の交付などにより肩代わりする案を提唱。首相は「党の検討結果を政府としてしっかり受け止めたい」と応じた。

コロナ関連の経済対策をめぐっては、雇用調整助成金の申請手続きなどの煩雑さが指摘されている。首相は適正な手続きを重視する窓口担当者に理解を示しつつ、「首相たる私の責任でやってほしい」と述べ、迅速な対応を指示。「不正などは事後対応を徹底すればよい」と語った。

立憲民主党の枝野幸男代表は、補正予算案に計上された旅行や飲食業界への1兆6794億円の支援策を「急がない予算だ」として執行停止を要求。首相は「収束後に反転攻勢できるとの未来図を示すことも政治の役割だ。事業継続へ意欲を持ってほしい」とはねつけた。

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=28日午前、国会内衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=28日午前、国会内

衆院予算委員会で質問する立憲民主党の枝野幸男代表=28日、国会内衆院予算委員会で質問する立憲民主党の枝野幸男代表=28日、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政党 日本