ANA、純利益75%減=20年3月期、コロナで旅客急減―今期予想は未定

経済・ビジネス

ANAホールディングスが28日発表した2020年3月期の連結決算は、純利益が前期比75.0%減の276億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客需要が急減。多くの路線が運休・減便に追い込まれ、大幅減益を余儀なくされた。

売上高は4.1%減の1兆9742億円、本業のもうけを示す営業利益は63.2%減の608億円に落ち込んだ。新型コロナの影響を受けた1~3月期に限れば営業損益は588億円の赤字で、四半期としては過去最悪の業績となった。

航空会社は航空機リース代や人件費などの固定費の割合が高く、売り上げが落ちると利益の急減を招きやすい。旅客需要が低迷する中、コスト削減は喫緊の課題だ。

同社の福沢一郎常務は28日の決算会見で「1000億円規模の費用削減を行う」と表明。一時帰休の対象者をグループ全体で現在の約3万5000人から約4万2000人まで拡大し、人件費などを抑える考えを示した。

今後の新型コロナの影響を見通せず、21年3月期業績予想は未定とした。外出自粛などにより足元でも大幅な減便となっており、当面は厳しい経営状態が続きそうだ。同社は8月ごろまでに事態が収束した場合でも21年3月末時点で旅客需要が5~7割程度しか戻らないと予測する。

厳しい見通しを受け、手元資金を厚くする。28日付で民間金融機関と3500億円の融資枠設定の契約を結んだほか、政府系金融機関と協議を進めている融資などを含め、9500億円を確保する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本