安倍首相、選択肢として9月入学検討=休校長期化で浮上、課題も

政治・外交

新型コロナウイルスの感染拡大で学校再開が見通せない中、安倍晋三首相は29日の衆院予算委員会で「9月入学・始業」の可能性を探る考えを示した。休校が長期化した場合、学力の地域差を懸念する声に応えるのが狙い。ただ、行政や民間企業との調整など課題も多く、政府は慎重に判断する方針だ。

首相は衆院予算委で、一部野党や全国知事会が提唱している9月入学について、「大きな変化がある中において、前広にさまざまな選択肢を検討していきたい」と表明。「大きな影響を及ぼすから『慎重に』という意見もあることは十分承知している」との認識も示した。萩生田光一文部科学相も「社会全体の問題として広く国民の間で認識が共有できるのであれば、大きな選択肢の一つだ」と明言した。

政府関係者によると、文科省は小中高校などの臨時休校が始まった3月以降、長期化に備えて9月入学・始業のシミュレーションに着手。4月上旬に首相にも説明し、検討を進めることについて内諾を得たという。

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=29日午前、国会内衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=29日午前、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 文教政策 教育 学校 9月入学